■ 乱田舞インタビュー by 安田理央
■ 乱田舞プロフィール

乱田 舞(らんだ まい)

緊縛師として、ビデオ、Vシネマ、テレビ、雑誌、写真集、舞台など幅広く活動。
日本だけではなくアメリカやヨーロッパでも活動。
ビデオやVシネ、舞台では監督、脚本、演出も手掛けている。
これまでのビデオ、Vシネマの監督、出演作品は2,000本を超える。
東京六本木で「Bar乱舞館」も経営。
著書「完全緊縛マニュアル」(司書房)
  「完全緊縛マニュアルDX」(司書房) 
  「完全緊縛マニュアルPROFESSIONAL」(司書房) など

職業:緊縛師・監督・脚本家・演出家・役者
生年月日:昭和34年3月25日生まれ。
出身:東京都新宿区
血液型:AB型
業界歴:28年
身長:171cm.体重:65kg
趣味:仕事、ゴルフ(最近は忙しくてやってない)、映画(DVD)鑑賞、緊縛
愛車:ベンツAMG E55、クラウンマジェスタ、エルグランド、ミニカトッポ、ママチャリ
好きなアーチスト:ロバートデニーロ、松田優作、矢沢永吉
座右の銘:一期一会、初心忘れるべからず、人生一直線
好きなこと:ボーっとしてること、カプセルホテルにひきこもること
嫌いなこと:人に媚びを売ること、裏切り、筋を通さないこと
性格:我侭、自分勝手、短気、猪突猛進、人見知り、照れや、寂しがりや、スケベ
持病:動脈硬化、不整脈、腰痛、偏頭痛、肩こり、不眠(いわゆるボロボロ)
特技:料理(調理師免許有り)、検眼(検眼師資格有り)、少林寺拳法(4段)
性癖:通称S、自称S&M、尻フェチ、水着フェチ
好きなプレイ:緊縛、一本鞭、蝋燭、浣腸、言葉責め、指責め、気功
好きな女性のタイプ:男らしい人、豪快なひと、笑顔の似合う人、真っ直ぐな人
好きなタバコ:キャビンONE
好きな酒:ブランデー、バーボン(残念ながら現在持病の為、完全永遠禁酒中)

小学校4年の時に見た白戸三平「カムイ伝」「カムイ外伝」の貼り付けのシーンより自分の性癖に目覚める。
以来、中学に入るまで自分のその性癖が人とは違うことに悩み続ける。
中学に入りSM雑誌に出会いすぐにカミングアウト。以後SM街道まっしぐら。
20歳の時にSMサークルを立ち上げ主催。その中で緊縛を披露していた。今のライブショーの原点ともいえる。

27歳の頃、それまでのSMの世界のあり方に疑問を持ち、様々なSMシーンに挑戦。新しいSMの形を構築していく。
・陰湿で暗いイメージのあったSMショーを変えたく、音楽と照明とBGMとを組み合わせ完全なる緊縛パフォーマンスとして様々な場所で提案。話題を呼ぶ。
・SMとは無縁の場所、ディスコ(クラブ)でのSM緊縛ショーを毎月開催。
・民放初の緊縛ショー披露(ギルガメッシュナイト・トゥナイトなど)。話題になる。
・和太鼓と尺八によるSM緊縛ライブセッションを披露。700人の観客を集める。
・吉本興業と組み、数々のお笑いショーに出演。
・団鬼六主催の大型SMショーパブ「赤坂・鹿の園」のショープロデュースを手掛ける。
・横浜浜劇にて10日間のSM興業をプロデュース。
・新宿ロフトプラスワンでのSMトークイベントを定期開催。
・アメリカ、ヨーロッパの大手AV会社よりSMビデオシリーズ発売。
・これまでにないSM緊縛のHOW TO本、HOW TOビデオ、HOW TODVD発売。
・東京六本木にSMバー「乱舞館」を経営
・2006年、2007年 新宿DX歌舞伎町において『SM大会』をプロデュース。
・2004年 DMG及びDMMグループより『特別賞』を受賞。
・2006年 DMG及びDMMグループより『優秀監督賞』を受賞。

などなど、既存のSMイメージを打ち破るべく様々な挑戦をしてきた。これからもその挑戦は続く。新しいSM世界を提案し続けたい。

○仕事先(ビデオメーカー)
アートビデオ
アタッカーズ
アレックス
SM-ON-DEMAND
麒麟堂
グローリークエスト
シネマジック
ゼウスコレクション
ディープス
ドリームクリエイト
ナチュラルハイ
ネクストイレブン
ピーターパン
北都
ムーディーズ
桃太郎
乱舞
ワイルドサイド